リスクや副作用

homeリスクや副作用

矯正⻭科治療に伴う⼀般的なリスクや副作⽤について

矯正⻭科治療には沢⼭のメリットがある⼀⽅、負担・リスクや副作⽤があります。
ご理解いただいた上で、治療を受けることをお勧めします。

矯正治療に伴う負担

  • 矯正装置装着後、最初は矯正装置による不快感、⻭の移動による痛み等があり、⼝内炎ができることがあります。多くの場合、数⽇から1-2週間で慣れてきます。
  • 定期的に通院する、着脱可能な装置をきちんと使⽤する、矯正装置が頻繁に外れないようにする、⻭みがきを丁寧にする等、矯正治療には患者さま及びご家族の協⼒が⾮常に重要で、治療結果や治療期間に影響します。
  • 治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなります。むし⻭や⻭周病のリスクが⾼くなるため、丁寧に磨いたり、定期的にメインテナンスを受けたりすることが重要です。むし⻭や⻭周病が進⾏すると矯正治療が続けられなくなる場合もあります。また、⻭が動くと隠れていたむし⻭が⾒えることがあります。

矯正治療中のリスク・副作⽤

  • ⻭を動かすことにより、⻭根の先が吸収して短くなることがあります。⼤抵の場合、⽇常に⽀障はありません。
  • ⻭⾁が退縮して、矯正治療後に⻭と⻭の間に隙間(ブラックトライアングル)が⾒えることがあります。⻭⾁が薄くなり、矯正治療後に⻭⾁の⼿術が必要な場合もあります。
  • ごくまれに、⻭が⾻と癒着して、⻭が動かないことがあります。
  • ごくまれに、⻭を動かすことで⻭の神経が障害をうけて壊死することがあります。
  • ごくまれに、治療途中に⾦属等のアレルギー症状がでることがあります。
  • 治療中に、「顎関節で⾳がなる、顎がいたい、⼝を開けにくい」のなどの、顎関節症状が出ることがあります。
  • ⻭の動き⽅には個⼈差があります。そのため、予想された治療期間が延⻑する可能性もあります。
  • 治療途中で⾆癖が出現したり、下顎の成⻑が著しく変化したり、取り外し式の矯正装置の効果が⼗分に得られない等、様々な問題により、当初予定した治療⽅針の変更・治療期間の延⻑・抜⻭などが必要になる場合があります。
  • ⻭の形を修正したり、噛み合わせの微調整を⾏ったりする可能性があります。
  • 様々な原因で矯正装置が脱離すると、矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 矯正⻭科治療は、⼀度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

保定に関連するリスク・副作⽤

  • 矯正装置を外す時、エナメル質に微⼩な⻲裂が⼊ったり、かぶせ物(補綴物)の⼀部が破損する可能性があります。
  • 矯正装置を外した後、保定装置を指⽰通りに使⽤しないと後戻りが⽣じる可能性が⾼くなります。
  • 矯正装置を外した後、治療したかみ合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし⻭の治療(修復物)などをやり直す可能性があります。
  • 顎の成⻑発育によって、かみ合わせや⻭並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずが⽣えて、凹凸が⽣じる可能性があります。また、加齢や⻭周病により⻭を⽀えている⾻がやせたり、かみ合わ せや⻭並びが変化することがあります。このような場合、再治療等が必要なることがあります。