治療の種類

home治療の種類

みほ矯正歯科医院では、模型で位置をしっかり確かめた上で治療を行っております。
また、治療期間を無駄に長くすること無く効率的に早く終わらせるように意識して治療にあたっております。もちろん、治療の際には、あごに負担をかけないようにする事で、患者様の負担や痛みなどを極力抑えた上で治療を行います。
みほ矯正歯科医院の治療順序としましては、まず、あごのずれを元に戻した上で歯の治療を行うことで、土台からしっかりとした矯正治療を行います。
そして、きれいなだけで無く、個々の歯をそれぞれの役割を果たしているかを確認した上であごに負担をかけないようにして矯正装置を外すようにしております。矯正歯科治療をした後には、歯磨きしずらいところなどが出てきますので、ブラッシング指導などをする事で今後の歯をしっかりと予防してもらえるようにご指導をさせていただいています。

子供の時期に行う矯正治療について

子供の矯正は、あごの成長をある程度コントロールできますので、良い治療結果が得られやすく、大人になってから矯正を行う必要がなくなる場合もあります。
大人になってから再度矯正治療が必要となる場合でも、矯正の治療期間が短くなる場合があります。当院では、女性の医師が担当しますので、小さいお子様も安心して矯正治療をお任せいただけます。

Ⅰ期治療とⅡ期治療について

Ⅰ期治療は主に、上顎下顎の骨体部および歯槽骨部という基礎の部分の成長をより正常に導いたり、歯の萌出異常を最小限に抑えたりする治療で、Ⅱ期治療は、Ⅰ期治療で残された問題点を歯の移動で解決し、完璧な咬合をつくりあげる治療です。
Ⅰ期治療で問題を排除することによって、完全に正常軌道に乗った場合には、Ⅱ期治療の必要が無くなる場合もあります。

治療時期の目安

1期治療(治療期間半年~1年)

乳歯と永久歯が生え換わる時期、小学校低学年くらいまでの矯正治療をⅠ期治療といいます。顎の幅を広げたり、上顎と下顎のズレを整えたりするなど、お子様の成長力を利用した治療を行います。治療期間は半年~ 1年程です。

Ⅱ期治療(治療期間1.5~2.5年)

大人の歯に生えかわった後に、かみ合わせを調節する治療をⅡ期治療といいます。歯を正しい位置に動かし、審美的、機能的になかみ合わせに調整します。治療期間は1.5~2.5年になります。

子供の矯正治療の一般的な流れ

子供の矯正治療の一般的な流れ

子供の時期から矯正治療を行うメリット ・あごの正しい発育を促す
・永久歯を正しい位置へ導く
・Ⅱ期治療の装置をつける期間が短くてすむ