治療の種類

home治療の種類

みほ矯正歯科医院では、模型で位置をしっかり確かめた上で治療を行っております。
また、治療期間を無駄に長くすること無く効率的に早く終わらせるように意識して治療にあたっております。もちろん、治療の際には、あごに負担をかけないようにする事で、患者様の負担や痛みなどを極力抑えた上で治療を行います。
みほ矯正歯科医院の治療順序としましては、まず、あごのずれを元に戻した上で歯の治療を行うことで、土台からしっかりとした矯正治療を行います。
そして、きれいなだけで無く、個々の歯をそれぞれの役割を果たしているかを確認した上であごに負担をかけないようにして矯正装置を外すようにしております。矯正治療中には、歯磨きしづらいところなどが出てきますので、ブラッシング指導などをする事で今後の歯をしっかりと予防してもらえるようにご指導をしています。
また、歯の色を白くするホワイトニングなども行なっており、健康的で美しい歯を総合的にサポートしております。

リンガルブラケット矯正
見えない矯正装置
矯正治療に必要なブラケットとワイヤーを歯の裏側につけ、装置が全く人の目に触れないように治療を行います。
この方法を「リンガル矯正」または「舌側矯正」と言い、表側からの矯正治療とは異なった治療を行います。
ホワイトブラケット矯正
見えにくい矯正装置
セラミック製のため歯の色調にちかく、金属の装置に比べ見えにくいのが特徴です。また、幅広い症状に対応することができます。
10代以上からの矯正治療について
大人の矯正は発育が完了しているので治療計画が立てやすいです。また、日頃のケアをしっかり行い、通院にも積極的に取り組んでいただけますので、スムーズな矯正が可能です。
歯並びや咬み合わせを矯正する事で、素敵な笑顔を取り戻せる上に、咀嚼機能を向上させたり全身のバランスを整える事ができます。
メタルブラケット矯正
通常の矯正装置
矯正治療では最も一般的な、歯の表面に取りつける矯正装置です。
歯の表面に装着するためどうしても装置が目立つという難点がありますが、丈夫で壊れにくいのが特徴です。矯正料金も他の方法と比べ低コストで治療を行えます。

各矯正治療のメリットとデメリット

リンガルブラケット矯正

メリット ・外側からは全く矯正している事が見えません。
デメリット ・治療費が高額
・違和感があり、歯磨きが難しい

ホワイトブラケット矯正

メリット ・通常の金属の矯正より目立たない
・通常の金属の矯正と金額もさほど変わらない
デメリット ・セラミックなので通常の金属よりも壊れやすい

メタルブラケット矯正

メリット ・金属なので壊れにくい
・治療費が安い
デメリット ・金属なので、矯正装置が目立つ