治療の種類

home治療の種類(永久歯列の矯正治療)
金属のブラケット矯正
通常の矯正装置
矯正治療では最も一般的な、歯の表面に取りつける矯正装置です。
歯の表面に装着するためどうしても装置が目立つという難点がありますが、丈夫で壊れにくいのが特徴です。矯正料金も他の方法と比べ低コストで治療を行えます。セルフライゲーションブラケット装置(クリッピー)を使用しています。
クリアタイプのブラケット矯正
目立ちにくい矯正装置
セラミック製のため歯の色調にちかく、金属の装置に比べ目立ちにくいのが特徴です。また、幅広い症状に対応することができます。
セルフライゲーションブラケット装置(クリッピーC)を使用しています。
スプリント治療
顎の位置がずれていたり、不安定な状態で矯正治療を始めると、治療が長引いたり、きれいに治らなかったりします。矯正治療前に、スプリント(マウスピース)による治療を行うことがあります。
リンガルブラケット矯正
見えにくい矯正装置
矯正治療に必要なブラケットとワイヤーを歯の裏側につけ、装置があまり人の目に触れないように治療を行います。
この方法を「リンガルブラケット矯正」または「舌側矯正」と言い、表側からの矯正治療とは異なった治療です。
外科的矯正治療
骨格的な不調和が著しく、矯正治療だけで治すことができない場合があります。手術前矯正治療→顎矯正手術→手術後矯正治療を行う治療方法です。みほ矯正歯科医院は、顎口腔機能診断施設であるため、保険治療が可能です。